種まき-季節はめぐる コロナが迫っても待ったなし

稲の種まきの季節がやって来ました。
例年、この日は村の人たちと一緒に、種まき。もう何十年(何百年?)も行っていることで、稲作の過程で、最も大切な日の一つと言えるでしょう。

今年から、社長が重責を担っているヤマガタデザインさんとの共同作業の初年度。
有限会社月山パイロットファームで管理している田んぼのすべてを、有機田に変えるべく、挑戦の一年です。

超高学歴(!)の方々がヤマガタデザインさんチームから応援に来てくださいましたが、村の人たちも皆ウェルカムムード。本当にありがたいことです。
大変失礼ではありますが、ご高齢チームにとっては、「一緒に稲を作る」という、これほどの喜びはないかもしれません。
良いことも悪いことも、長い時間の中でゆっくりと受け入れられるのが、庄内の良さかもしれません。のんびりしています。。

有機認証を取得した米は、会長・社長も毎年作付けして来ているので、十分な知識と経験は蓄えられつつありますが、とは言え、この世界的な気候変動と言われているときです。
油断できる状況ではなく、すべて実験、その名の通りパイロット(実験)事業です。

電柱は邪魔ですが、からし菜と桜のコントラストは、この季節の贅沢。花は食べられますし、花も茎も葉も、ほんのり辛さがあります。

農業従事者の平均年齢が66歳程度と言われますが、山形県も例外ではありません。
外国で食糧の問題は国の課題として捉えて政策をとっていることと比較すると、随分と見劣りしてしまったのが日本です。

コロナウィルスが襲ってくれば、真っ先に重症化する危険が高い年齢層。日本中、そうです。非常に心配です。現在の日本は、団塊世代が何とか頑張ってくれているからこそ、成り立っているのかもしれません。少なくとも、農業分野はそうでしょう。

とは言え、農業を実践する若い方々にとって、この災いが大きなチャンスになります。使えるIT技術も、これまでなかったアイディアも、とことん試すと良いでしょう。
変化を好まない意見は、受け流しておけばOKです。

コロナウィルスの蔓延は、一年以上の長期にわたると考えており、野菜や食べ物は当然スーパーに並ぶもの、生協や通販でクリックすればいつでも買えて持って来てもらえるものではなくなります。

野菜や食べ物の一部が理想と違うと言って、いとも簡単にクレームを出して来た人たちが、自分の判断の甘さと過ちの大きさを知ることになるでしょう。

この状況で、社会で最も弱い層の人たちにしわ寄せが行ってしまうことにならないか、支援の心を忘れずに過ごしたいと思います。

ジャガイモの種イモを土のベッドに。大きくなーれ!

コロナウィルス感染拡大は、山形県でも残念ながら止まる気配がありません。
吉村知事が、山形国境(!)でできる限りのチェックと、県外から来た方の14日隔離を明示してくださって助かりました。

出だしはやや遅れましたが、県外からの研修生の方々も、そして受け入れる側も、安心して作業に向かうことができます。

各市町村にあった保健所は、現在庄内で一つだけですし、スタッフ数と防護服・呼吸器の設備の調った感染症専門病院もありません。しかも、65才以上の人口がおよそ35万人、全体の3割です。

この春を、「あんなこともあったね」と振り返られる日が来ることを願いつつ、研修生の方々が収穫の時を迎えられることを祈っています。

1年間、どうぞよろしくお願いいたします。
そして、皆様健康に過ごされますように!

(文責:出雲路)

ひろっこ またの名をアサツキ 庄内の春一番

ひろっこの酢味噌あえ。
日本で、しかも庄内地方で、この時期にしか食すことが出来ないひろっこ。
生産者も限りなく減ってきているので、超レアものと言えます。

例年であれば、雪の下から掘り起こして出荷することもある #ひろっこ。一般には、アサツキと呼ばれています。

月山パイロットファームのある庄内地方では、この季節に掘り起こして、ほんの少し緑色が見える見えないかの小さなときを狙って食べます。

ちなみに、根っこを切るときには、目から鼻から喉から、あさつきの成分が入ってきます。子どもに手伝ってもらうと、身体が小さいこともあり、より距離が近いこともあってか、本当にポロポロ涙が出てきます。
この季節に、あさつきの根切りをすることが、身体にとっても良い効果があるのだろうなと感じます。風邪も吹き飛ぶ刺激です。

それにしても、自然の営み、自然に寄り添った暮らしというのが、いかに理に適ったものなのでしょう。このようなことは、旬を無視して売られているものを買い求めるだけでは、残念ながら想いが至らないものでしょう。

根を切ります。このまま土に植えればぐんぐん育ちます。つまり、本当に生きたままでパックされています。

今年は、出荷予測を遥かに下回る注文数。しかも、暖冬。ぐんぐん伸びすぎて、青い部分が多くなってきています。

根と切り分けたら、さっと茹でて、酢味噌と和えます。食べる直前に混ぜるのがコツ。

根や枯れた葉を取り除くため、大きめのボールにたっぷり水を張って、ざぶざぶと洗います。あまり神経質にならずともOKです。

茹でるときに落ちるし、おそらく根は栄養たっぷりなので、マクロビオティックの食生活の方々は天ぷら等でいただくのだと思います。

茹でると、一層鮮やかに。在来の作物のパワー、ビタミンが不足する長く寒い冬を乗り切る先人の知恵を感じずにはいられません。

沸騰したお湯に入れて、ほんの1〜2分。硬さの好みにもよりますが、歯応えが残るくらいがベスト。

生活クラブさんのデポーには、一定数量を置いていただいています。
伸びすぎないうちに(!)、どうぞお早めに食べてくださいね。

デポー浦安さんで発見!

甘めの酢味噌がいちばんのおすすめですが、私市醸造さんのお酢(醸造酢)で作った後に、5分くらい酢味噌を空気に晒しておくと、味が滑らかにまとまります。

*出荷までにお時間を要することがあり(育つまで待たないとならない時があります)、個人のお客様や飲食業の方々の発注のご希望に添えないことがあります。どうぞご理解の上、どうぞ気長にお待ちいただきますようにお願い申し上げます。

2019もってのほか ピンクの食用菊

もってのほか美味しいというのが名前の由来。
その名も「もってのほか」。とても繊細な味わいの、在来種の食用菊です。

甘酢につけると、見事に発色するもってのほか。
天ぷらにしたら、その美しさの想像はつくはずです。

ハウスで鈴なり!
当然ですが、無農薬ですし、無化学肥料です。経費と労力のかかるJAS有機認証は取りません。大量販売もできません。

大地さん向けに、細々と出荷をしていましたが、まだまだこの通り勢力旺盛です。

黄色の食用菊は目にすることがあると思いますが、食感がよりシャキシャキしていて、酢との反応でアントシアニンが発色します。特有の苦味(瞬時に消えます)が、食欲をそそります。

冬場は、これを甘酢に漬けて、貴重な保存食として食べてきました。雪に閉ざされる庄内、そしていつの時代も発信力の弱い(したがって全国区にならない)、陸の孤島庄内ならではの食材の一つと言えます。

在来作物を残したいという意思のあるシェフの方、バイヤーの方、小さい頃に食べた味をもう一度再現したいという庄内出身の方へ、こんな食べ物もひっそり残っていますよ!

とにかく全世界のサーバーに記録として留めておきたい、日本の片田舎の在来食物です。

(文責:いずもじ)

2019白鳥飛来 稲作が生み出す景色

山形県鶴岡市三和より 冠雪の月山

彼らは安全な水場と餌があれば、別にどこでも行くのでしょうが(笑)
とにかく気に入ってもらっているらしいです。

そもそも派手な色のない世界です。それでも白鳥の白さは、ここに溶け込んでいますよね。

11/15 生活クラブ親生会総会に出席

2019年11月15日 ホテルラングウッド日暮里にて 第43回を迎えた生活クラブ親生会総会

今回は、弊社もラストになるかどうかという生活クラブ親生会総会への出席でした。今後については、まだ検討段階です。

ともかく、今年3月までは弊社の最大お取引様の生活クラブ生協に最も近い団体であり、かつ生産者仲間というか「同士」である親生会。生産者(しかも食品が中心)が、これだけまとまって活動を展開している団体は、他にはあまりないと感じています。

40年以上の時をかけ、一つ一つ課題を乗り越えてきた生活クラブ親生会。
各生産者も代替わりをして、担当者も変わり、少しずつ入れ替わっています。

現在126会員だそうで、うち121会員の出席で進められた今回の総会。
交流部会・広報部会・活動推進部会に縦に分かれて活動し、そして、それとは別のスライスの仕方で、全国のうち地域や県単位での活動があります。

年間2000回以上にわたり組合員との直接の交流会を経て、相互理解を重ね、時には大規模交流会を行うことで、多くの組合員以外の方々へも食べて知ってもらう機会を設けています。

それぞれご担当になった方々、執行部の方々は本当にご尽力なさっているのに、月山パイロットファームの貢献度の低さに寂しさも覚えるわけですが、ともかく一員でいられることに誇らしく、また責任も感じている次第です。

折角これだけの生産者と、高水準の商材が揃い、また開発力もある団体です。
SDGsと騒がれるようになって数年経ちましたが、私たち生産者は、すでにもう何十年も前から課題を認識し、クリアして、次なる課題へと向かっていると言えるでしょう。

しかしながら、まだまだ発信力が弱く、また変革のスピードは鈍いです。原因はいろいろあると思いますが、決定権がある地位に女性の姿がほとんどなく、決定権者の人数は多いけれども、実際の購買者や消費者との距離が遠い経営者たちが方針を決めざるを得ない現状にあるように感じました。

組織が大きくなると、それはそれで課題は増え、また多様化します。
一方で、次世代につながらなければ意味がない活動です。微力ながら、この過渡期においても、次世代につながる地道な活動を続けて行きたいと思います。

(文責:いずもじ)