あいコープ共生会 第35回総会

2024年2月9日 @宮城県秋保温泉 ホテルニュー水戸屋

2019年松島開催以来、5年ぶりの実開催になったとのことでした。

今年はだだちゃ豆生産について区切りとするため、出雲路が参加させていただきました。長年のご担当の方にも御礼とご挨拶ができ、気持ちの上でも節目とすることができました。

能登地震と東日本大震災

宮城県と言えば、東日本大震災で壊滅的とも言える被害を受けたところです。今年元旦の能登地震の様子を見て、当時のことを思い出した生産者や生協関係者の方がほとんどだと思います。総会中も、端々に能登地震の被害について、触れる場面がありました。

特に、あいコープふくしまは、原発による被害が今なお続いている中で、まずはあいコープの知名度を上げ、仲間を増やす取り組みが報告されました。

総会会場では、昨年、開発や取組みで目玉となったマヨネーズ等の商品の一部が販売されており、商品紹介とともに、販売益を能登地震への寄付とする仕組みが作られていました。

資源循環への具体的取り組み

コロナも落ち着き、組合員と生産者が直接対話できる環境が戻ってきたことで、改めて資源循環という視点から活動を始めたという報告が、とても印象的でした。

地場の複数の生産者や組合員、東北大学の学生等、様々な人たちが関わって、これまで廃棄されていた未利用資源を活用して行く取り組みです。生産者も、まさかこれが役立つ=資源になると思っていなかったり、活用すれば資源になるのだけど… と頭では分かっていたけれども一歩踏み出す余裕がなかったり、こういった点と点が少しずつ結び付いて、小さなうねりが生まれていました。

生産者どうしのふれあい

宮城まで来ないと会えない生産者仲間もいて、数名つかまえて(!)ご挨拶や近況をうかがったりすることもできました。特に、会長の世代の人たちとのお話は貴重ですし、震災から立ち直った生産者たちの力強さも励みになります。

豆腐、醤油、練り物、牡蠣、野菜、果物、石鹸等々、こだわりを持ってよく頑張っていらっしゃいます!

みんな、決して全てが順調というわけではないと思いますが、本当に温かく、ものを生み出す人たちの寛容さというか地に足のついた「覚悟」のようなものを感じて帰ってきました。

職員の皆さんは、非常に若い方も多く、みな力を合わせて成長して欲しいと強く感じました。

組合員は圧倒的に女性、しかも家庭がある女性が多いはずです。決定権のあるところで、子育ても介護も日常的にこなす人たちが活躍できれば、今後の日本の経済状況で力強く成長を遂げる原動力となるでしょう。

地方の生協という立場であるからこそ、機動力を持って少子高齢化にも柔軟に対応して行ってほしいです。

会場となったニュー水戸屋さんは、和の雰囲気で満たされていました。

地元JAの研修生(様様!!)

だだちゃ豆、収穫時には猫の手も借りたい!!

今年も無事に?その時期がやって来ました。万年戦力不足の月山パイロットファームでしたが、山形大学の学生さんや地元企業の研修等々に支えられ、なんとか凌いでいます。

そして今年も、救う神あり。ありがたや。

収穫後のだだちゃ豆の選別に、ヘルプに入っていただきました。

写真では伝わりませんが、選別機は相当の音が出ますし、埃が舞い上がりますので、作業に集中するのも一苦労。小刻みに揺れながら移動するだだちゃ豆を目視して、規格に合わないものを抜き取って行く作業です。

数センチのだだちゃ豆が相手ですから、根気が必要です。

販売する人たちが、販売するものを理解することは、当然のこと。しかし、実体験で学ぶ機会はなかなかないと思います。

こちらとしては、手伝っていただいてありがたいという気持ちもありますが、現場を理解してもらえるという点が、さらに嬉しいです。

そう言えば…

NASAで、今また月面着陸を目指してアルテミス計画が進行中ですが、司令室の長がNBCのインタビューに答えて「トレーニング、トレーニング、トレーニング」と3回繰り返していました。

やっぱり、NASAでさえも、一つ一つ学びながら、失敗を繰り返すことで、大きなことが実現して行くのだと思いました。

お二人も、ぜひこのような小さな経験をたくさん繰り返して、大きな未来を創って行って欲しいです!応援しています。

月山PFの様子2022-低投入持続型農法で

2022年1月8日

こんな雪の中で、小松菜🥬頑張って育っていました。

毎年のことですが、たどり着くまでも一苦労。
よくぞ重さに耐えているビニルハウス。何事もないかのように寒い中でも育つ小松菜。(あっぱれ小松菜)当然ながら、食味は最高。

この時期は小ぶりの小松菜ですが、虫がいないから収穫・出荷する側としても安心です。

2月1日 積雪大量すぎて屋根からの雪下ろし

命懸けですが、やるしかないという感じで、屋根からの雪下ろし決行。

猛吹雪になった後は、青々した空。空気が澄んで、お散歩日和です。

吹雪でホワイトアウトするときの体感は北海道以上?家も夏向けに作られていることもあり、廊下の寒さが身体にこたえます。

3月16日 やっと春。白鳥飛来

蕗のとうが眩しい!

撮影に行くと、一斉にこちらを見上げる白鳥たち。おーい!

3月24日 ふきのとうの季節

遠くからも一目でわかる、春到来の風物詩。

枯れた草の中から顔を出すふきのとうは、眩しい。

4月6日 紫おりな収穫

紫の色がまじる、在来種。作付け面積も、非常に限られてきました。

4月11日 浦安ミニ畑誕生

ミニ田んぼの隣に、今年は畑も開設?少ないから引き抜いてきた、精鋭の植物。育つだろうか…

4月13日 同じ頃に畑作業スタート

噂のツリーハウスは、桜の木に作ってあります。寝泊まりできます。(夏限定)

4月25日 だだちゃ豆種まき3回目終了

力強く芽吹いてくれました。大きくなーれ!!

土には、月山パイロットファーム独自の腐植が用いてあります。

だだちゃ豆3回目撒き終わり1回目を外に出しました。今年はよく芽が🌱出てます。

5月3日 月山の研修所に宿泊

メンテナンスもかねまして、久々に研修所にお泊まり。周辺部で山菜も収穫できます。熊には注意!

以前は、ここで庄内交流会の皆さんをお迎えしたこともあります。

懐かしいです!

5月5日 畑起こしは子どもでもできる

ただ、見た目とは違って、とても寒かったそう。

公道でないので運転は合法的にできますが、やはり、安全面では相当な慣れが必要。最初は乗用の草刈機などに乗って練習をしてから。

でも、実際にコンバインも動かせますから、操縦の勘所も小さいうちが良いのかもしれません。

5月11日 田植えスタート

自動運転出来るから苗補給も機械止めないで出来るからあっという間に返ってきます。

背景に見えるのは、月山。

すごいところで仕事をしているものだと、写真を見てつくづく思います。

一方で、だだちゃ豆植え付けや草刈り。この時期から、農家は本当に忙しい!自然は待ったなしですから、とにかく連日早起きして農作業。

6月5日 だだちゃ豆の除草作業

今年は、雨が降らない予測があったため、「深植え」で対応。

苗の双葉のぎりぎりの深さで土に植え込んで、

土をひっくり返すことで、小さな草が生えないようにします。地道な作業。ある程度苗が大きくなると使えない手段なので、今のうちに!

7月 ベランダ菜園

タネがこぼれて勝手に(しかし一斉に)芽吹く小松菜。

しかし実は、一度生育したものの、アブラムシのために全滅。枯れたままの鉢植えだったのですが、7月に入って突如として芽吹いてきました。

暑いとアブラムシがまたやってきて、美味しい小松菜を食べに来て大繁殖すると思われます。

管理人:自然の摂理に任せる

とのことですので、多少の水やりを除いては、余計なことはしない予定です。

土壌改良のため?に植えている小口ネギ。山形から浦安に、えんどう豆が送られてきたため播種。この時期に?ですが、まずは実験!

ぞくぞくと芽を出してきましたので、今後も様子を見守りたいと思います。

ベランダ”田畑”

よもぎと思って実は違った草が、たまに木陰?を提供したりして、非常に良い感じです。しかも、非常に強い!

ベランダ田畑の面白いところは、断面が見えるところにも。

畑の下に水が溜まっている、カビが生えたり発酵したりしている状態が見えます。根がしっかりとついてくれれば、表面が乾いていても生きられるということですね。

ベランダ田んぼは??

いちばん大きな稲は、なんと去年からそのままです。しかしながら、穂が出るのか…
心配ではあります。

田んぼは水抜きせず、また一切の餌をやらずにメダカ・エビ・ハゼ・フナ・ドジョウが継続的に生育できる環境。

小松菜も自家採種、播種、再度の栽培まで、米も茶碗1杯の籾が収穫できました。

昨年の稲、収穫できています!ちゃんと籾殻の中には、米が入っています。勿体無くて食べられずにおりますが、近々食する予定!(管理人が決定)

引き続き、自家採種、播種を行い、収穫する予定です。

小さな稲たちは4月に種まきしたもの。上の稲を植えてみたものです。どうも生育状況が悪いですが、今年は腐植を足していないためかもしれませんし、天候かもしれませんが、今後も見守っていきます。

ちなみに、田んぼの中のメダカその他も元気に生きていて、タニシもエビも次世代になっています。メダカも卵を持っていました。果たして次世代誕生となるのか〜!日々見逃せません。

だだちゃ豆の生育2022-低投入持続型農法で

ホームページ更新は怠っていますが、だだちゃ豆は何とか今年も順調に生育してくれるようです。

7月26日の様子

1号のだだちゃ豆、順調に育っています!

だだちゃ豆、このところの高温と連日の雨で草もすこぶる元気。
だだちゃ豆はこの月の末からスタートになりそうです。

こちらは第1農場の圃場ですが、第2農場も同じ頃が見込めそうです。

人手不足は相変わらずですが、8月1日から新農協職員の研修の一環で、応援に来てくださる予定です。

コロナ前は、山形大学の1年生が、大学のプログラムの一環で学部問わずに4名ほど1週間近く滞在、収穫等々を手伝っていただいていました。

若い皆さんには、本当にパワーをもらえますし、しかも大変な作業も目に見えてはかどります。

そう、農業は草との闘い。しかも、こんなに大きくなるまで気がつかない!
雑草のカモフラージュの能力は最高レベルです。

だだちゃ豆の生育-低投入持続型農法で

今年は日照り。

信じられないほど雨が降らない。あれだけ暑さに強いはずのナスが、枯れ始めているという話も聞くほど。ただ、だだちゃ豆は今のところ元気な様子です。

ただ、生育は遅く、本格的な出荷は8月になりそうです。

だだちゃ豆ギフトを待ってくださっている皆様、申し訳ございませんが、もう少し首をながーくして待っていてください!オリンピック TOKYO 2020の各種決勝戦に間に合うと良いのですが。

ハウスの気温は放置したら50度近くにもなるので、下手に近寄れない危険地帯とも言えます。陽が高くならない早朝が、畑仕事の時間です。

雨は欲しいですが、突然の土砂降りは勘弁して欲しいところです。

厳しい気候も極端になると対応不能ですが、それにしても、在来作物であるだだちゃ豆の品種としての強さというか、庄内の気候風土に合った対応能力の高さというか、この暑さでも青々としげる葉を見て驚きます。

根は一体どこまで張っているのでしょう。

この自然のめぐみ、皆さんにぜひお届けしたいです。

米が売れない?米を食べない?

今に始まったことではなく、またこの傾向はまだまだ続きそうですが、知り合いの農家は高校の合宿に数十キロの単位で米を寄付したとのこと。

毎年二番米を買ってくださる、とある高校の体育会系の部活合宿(1日に25キロ!)に、知り合いの農家は今年、一番米を寄付。

後から売れ残るより、ずっといい!という清々しい判断だったようです。

米農家は、肌感覚として、日本人が米を食べなくなっている、つまり、作った米を余らせてしまうことをすでに知っています。

おかげさまで月山パイロットファームのお客さんたちは、今のところお米の消費量が減る気配がなく、今年は収穫時期が1週間以上早くなりそうという予測を見て、ほっとしているところです。

食べ慣れたお米の在庫なしの状況では、生活自体が不安定になってしまいます。私たちはその点を十分に理解しており、なんとか有機米、なんとか特別栽培米の一番米をお届けし続けたいと考え、長年取り組んでまいりました。

たとえばササニシキの有機米、特別栽培米は、非常に手に入りにくいものになってしまいました。たくさんの消費量があれば、多種多様な品種が作り続けられますが、米全体の消費量が減る中で、ニッチなものを作り続ける農家は多くはありません。